大航海時代オンライン    ビタパランの冒険日記

by p_amamiya
 
ルクソールの宴
前回のダンジョン記事からかなり間が空いてしまいましたが、今回はルクソール神殿のソロ攻略レポートです。
条件は、ルクソール神殿の発見となっていますが、PTだと誰かが発見していれば入れるようです。

手順は前回と同じく、ナイル川中流奥地にあるルクソール神殿内部の小部屋から、奥の扉のオブジェをクリックすると階層を選ぶことが出来ます。当然、初回なので上層からのスタートとなります。
d0041240_21212399.jpg

このルクソール神殿は、★2つと言うこともあり、陸戦上級者向けとなっています。
入るといきなり、ギザの中層クラスの敵がわんさか出てきます。
まあ、こんなところで苦戦していては、この先は到底無理なのですが・・・
d0041240_21234378.jpg

軽く運動ぐらいの気持ちで挑むと良いでしょうw
中のお宝ですが、ギザの比べると序盤から宝石がザクザクでます。
上層だけでも、繰り返していればかなりの儲けになるかもしれません^^

そんな訳で3階まで到達したのですが、最後は拍子抜けでしたw
やや駆け足ですが、これでハトホル像を発見です。
d0041240_21273825.jpg

次はギザと同じく中層に入る為に、クエストをこなす必要があります。
クエ出しは、チュニスの冒険ギルドなのですが、また海事名声がかなり必要なようで、非戦か戦闘経験の乏しい人は紹介してもらう必要があります。
d0041240_21344869.jpg

クエストをクリアすれば、中層に入る条件が整います。
ここから先は激戦が待ち受けているので、ソロの人は要注意です。

この中層の注目すべきは、5階と6階の敵の多さだと思います。
恐らくギザのピラミッド8階に相当する難易度の高さである為、気を引き締めてください。
d0041240_21373786.jpg

まあ、基本さえ守っていれば死ぬことは無いと思います。
え?基本って何?・・・それは鬼逃げですよw
d0041240_21392240.jpg

1.HPが半分以下になる
2.相手のチェインが入りだす
3.幻惑を受ける
これらのパターンに入ると、逃げる準備をする必要があります。
HP半分以下で幻惑とか石化はかなり危険である為、傷薬等は常に使える状態にしておく必要があります。
当然2種類以上は、持っておいてください。ちなみに、自分は3種類持ち歩いていますw

まあ、そんな訳で8階まで到達しました。当然ここがもっとも難易度が高い訳です。
しかし、ここまで一人で来れる人なら十分にクリアできると思います。
当然敵の数は、このダンジョンでは最多となるので、端に居る敵から個々撃破していきます。
d0041240_21443797.jpg

激戦の末、無事勝利することができました^^v
中層クリアの報酬として、ジェド柱を発見することが出来ます。
d0041240_21475283.jpg

今回のレポートは前回の続きであったので、基本的な内容を知りたい人は、前回の記事をご覧ください。

それでは、最後にルクソール神殿の攻略情報をまとめておきます。



ルクソール神殿上層
クリア発見物 ハトホル像
クリア報酬 アメンホテプ3世の頭飾り、孔雀石の宝石箱、粘土、銀細工、サンゴ細工、神殿の護符

神殿の護符が当りらしいのですが、入手率はかなり低いらしく、10回以上挑戦しても入手できませんでした><
罠等も無いので、安全にお宝回収できるのがここの魅力だと思います。
d0041240_21494949.jpg



ルクソール神殿中層
クリア発見物 ジェド柱
クリア報酬 ネフェルティティの胸飾り、アンケセナーメンの胸飾り、名匠の鍛冶道具、銀のタロット

記事にも書きましたが、5階と6階、そして最下層は激戦となります。
黄色が注意、濃い黄色が要注意、オレンジがパターンオレンジってやつですw
6階は宝箱の罠で敵が復活したりするので、さらに美味しいw
d0041240_6413380.jpg

d0041240_2345672.jpg

[PR]
by p_amamiya | 2010-01-10 22:02 | 遺跡ダンジョン
<< 東アジアを釣る 新年イベントあれこれ >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク



掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。


(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED. 株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています



T: Y: