大航海時代オンライン    ビタパランの冒険日記

by p_amamiya
 
これからはMoEメインでいきます
しばらく日記は休んでいましたが、MoE自体はやっていたので、マイキャラも少しは成長しました。
d0041240_20133196.jpg


今日は一日中災難に見舞われた気がする。

 とりあえず、ギルドクエストをこなして、3ツ星を目指すことに決めた。順調にクエストをこなし、2ツ星最後のクエスト、翼・即・斬を受けた。内容は、イルウァーナ渓谷に生息するレイクグリフォンを倒せというもの。自分にとって未開の地だが、行かねばなるまい。
 イルウァーナ渓谷は、レク様高原のさらに奥にあるようだ。未開の土地なので、慎重に進む。すると目の前にマンモスの姿が。こいつはヤバイ。某日記でも、凶悪だと書かれていた。性格も凶暴な様で、PCを見つけると突進してくる。触れただけで50近いダメージを受けた。途中、何度も死にかけたが、徹底的なチキンプレイにより、湖まで辿り着く。そこで、ついにレイクグリフォンを発見!
「向こうの攻撃は20程度、粘れば勝てる!」
 と思った矢先、グリフォンの翼が重なって見える・・・どうやら、3匹いる模様。死の予感がしたので、即座に湖へダイブ。深みへと潜る。
「ここなら、安全だ・・・」
なんて思ってたら、やつら湖の中まで追っかけてくる。しかも、下からエイまでもが攻撃してきた。
絶体絶命だ。UOで死にルーンで、蜘蛛城への回路へ飛んでしまった時の記憶が脳裏を過ぎる。
水中はまずいと思い、水面に顔を出すと、案の定グリフォンに突付き殺された。

地獄絵図その1(死体回収中)
d0041240_20304470.jpg

2度の回収失敗により、1時間以上のロス。最後はソウル・バインダーに泣き付いた。

 強くなるまで、無茶はしないと心に決めプレイ再開。しばらくしてFSメンから、3時にPCイベント(劇のようなもの)があるので、ビスク北西へ集合と連絡がある。自分は遠くにいたので、少し遅れて到着。すでに、メンバーは移動した模様。どうしようか迷っていたが、たくさん人がいたので、付いていけば何とかなるだろうと考えた。どうやらPTを組まないといけないらしい。見ず知らずの人がPTへ誘ってくれて、魔法で移動した。
 移動した先は雪原・・・
「おかしい、聞いていたイメージと違うぞ。」
 目の前にある、氷の城へ続く階段をみんなが登っていくので、仕方なく付いていくことにした。城にはテレポーターのような物があって、カオスエイジ?に飛ぶと言っている。とりあえず、付いていく。移動先は、一面霧のようなものが流れていて、この世の果てのようだ。広場に集合すると、みんながPTを組みなおしている。これは絶対に違う!と私は確信した。とりあえず、FSで迷子になったとメッセージを送る。すると、ベテランメンバーがボスが出現すると教えてくれた。やってしまった・・・UOで、一人でヒスロスに乗り込んで、黒閣下と愉快な仲間たちに壁際に追い詰められた時の記憶が脳裏を過ぎる。コロスとか物騒な赤い文字が画面を流れて、ボスが出現。悪魔将軍のごとき、圧倒的な強さだ。始めはPC側も装備が整っているので、互角のようにも思えたが、一度死ぬと装備全ロストする模様。私も指先一つでダウンした。数分後、皆が裸で逃げ回る、地獄絵図が展開された。

地獄絵図その2
d0041240_20505857.jpg


これだけは言っておく!
私は死にマニアではない!!
[PR]
by p_amamiya | 2005-05-29 21:03 | MoE
<< ビスク地下の秘密特訓 ギルドの危機 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク



掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。


(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED. 株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています



T: Y: