大航海時代オンライン    ビタパランの冒険日記

by p_amamiya
 
<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
 
母を訪ねて・・・
FSメンのさまさんよりレクスール入り口にて、赤ちゃんバルドスと遭遇したと連絡が入る。話によると、赤ちゃんバルドスはママを探しているようだ。恐らく、イルヴァーナ渓谷へ行くだろう。私は出稼ぎ中で、イルに来ていたので、帰り道にて遭遇を狙うことにする。予想通り、赤ちゃんと冒険者御一行は、レクスール北側ルートを通って、イルへ向かっていた。
遭遇しても、低スペックなので、姿の確認に時間を要したが、見えるとかなり小さい。なぜか川の中をよく通り、ピラニアに噛まれたりしている。
d0041240_20181877.jpg

イルヴァーナ渓谷へ到着後、バルドス生息エリアへ向かう。
途中、冒険者に倒されたバルドスに遭遇。赤ちゃんはショックを受けると共に、ママの心配をした。自分もよく、バルドス狩りをするが、この時ばかりは大人しくしようと思った。
d0041240_20224063.jpg

その後、さらに奥へ進み、赤ちゃんバルドスが「ママー!」と叫ぶ。
複数のバルドスデストロイヤーが沸いていて、自分はどれがバルドスママか確認することが出来なかった。一部の冒険者が、自己防衛?のためバルドスへ攻撃を開始。
赤ちゃんバルドスは
「やめろー!!」と泣き叫ぶ。しかし、戦闘中の冒険者の耳には届かない。
ついに、ママバルドスは冒険者によって、倒されてしまう。
赤ちゃんバルドスはショックで倒れてしまい、そのまま消えてしまった。
d0041240_20303961.jpg

最悪だ・・・某MMOでも、似たような話を何度か耳にしたことがある。
冒険者達は途方にくれた。諦めた人たちが、ビスク行きアルターを出し、半数近くが帰還したとき、怒れるバルドスが出現した。
パパだ・・・バルドスパパだ。メチャでけー!
d0041240_20331439.jpg

バルドスパパ「貴様らー!許さんぞ!!よくも娘を・・・」
どうすればいいんだ?私にはわからない・・・このバルドスを倒してしまっては・・・
しかし、バルドスパパと冒険者達は戦闘に突入、自分もタゲられるが、盾でその場しのぎをする。一撃で60ぐらいのダメージを受ける。かなりの攻撃力だ。
親子を殺され怒り狂ったバルドスだが、やはり数に押され力尽きる・・・・
d0041240_2038357.jpg

バルドスパパ「肉のために生まれてくる悲しみが・・・貴様達にわかるというのか!」
・・・バルドス狩り過ぎたかな。反省・・・。
冒険者「それでも、カレーを作るのに必要なんです!」
話の流れが変わってきたな・・・
その後、カレーを食べる時には、バルドスのことを思い出すと約束する。
バルドスパパ「娘の死は無駄ではなかったぞ!」
冒険者「それでいいの?」
バルドスパパ「それでいいんだ・・・」
そういい残し、バルドスパパは消えた。
冒険者「来世では、家族が仲良く暮らせるように、冥福を祈りましょう」
私も家族の冥福を祈ると共に、GMに感謝をした。恐らくアドリブだったはず。あのまま、終わっていたら2、3日は落ち込みそうだった。
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-30 20:56 | MoE
 
エイシスの王現る!!
たびたびPTで出向いては全滅しているエイシス・ケイブだが、そこに巣くう獰猛なイクシオンを統べる者がいる。その名も、いっちょんキング・・・じゃなくてキング ザブール。
その名の通りいっちょんの王様なわけだが、悪政を行っているらしく人気はないらしい。
FSメンバーが育ってきたこともあって、ついにキングに挑戦というわけだ。目的はキングが持っているとされる、アイリーンズ ベル。先日、ジャイアントオーク討伐後に、アイリーンズ ベルを持ってくると、アイテム枠を増やしてもらえることを確認している。

今日は2PTの団体なのでそう簡単には死なないと思っていたが、私が真っ先に死んでしまった。橋の上からの転落死。2日ぐらい落ち込みそうだorz。狭い橋の上は1列で渡りましょう。その後、仲間が次々と落ちてきた(アサシンのタックル)ので、勇気付けられたが。

d0041240_1930646.jpg
FSの参謀、賢者様とその下部

どちらが下部なのやら・・・






多数の死人が出たが、何とか体勢を立て直すことができた。ついにキングの部屋へ向かう時が来たのだ。久々に緊張するな。キングの間に入ると、先客らしきPTがキング他下部との戦闘を行っていた。遠くからも、はっきりとキングの姿が確認できる。かなりのデカさだ。とりまきも豪華な名前をつけている。先客は、一度は全滅しかけたが、2PTだったのか戦闘組みと蘇生組みに分かれているらしく、片方が全滅しても対して慌てることなく対応してた。まあ、人それぞれだよな作戦って・・・自分は突貫大好きだけど。

キング戦闘待ち。自分はかなり緊張していたのだが・・・
d0041240_1937535.jpg

きっとこの余裕を見習うべきなんだろう。

前のPTはキングを倒せたようだが、その取巻きがこちらへ流れてきた。ゴージャスなネイムのイクシオン軍団だ。いつもよりデカく見える。きっと私が奴らを恐れている証拠なんだろう。
さすが、親衛隊だけに強力でPTは壊滅に追い込まれた。あとから来たPTに蘇生してもらい、鎮圧に成功した。
その後、キングの島で沸きを待つことにする。たまにミスリル鉱石が沸いたりして、即生産者が堀にかかる。たくましいな・・・

しばらくして、ついにキングが沸いた。PTで一斉に攻撃を開始。さすがにこれだけの人数だから、勝負は意外とあっけなかった。
d0041240_19454278.jpg

無事にアイリーンズ ベルを人数分回収してキングの部屋を後にする。
どうやらキングを倒したことにより、イクシオン達から感謝されているようだ。関係が友好的になって、襲われることがなくなった。いつも恐れていたアサシンと握手したりする。
これでしばらくいっちょんと戦うことがないな・・・と思っていたらいっちょんトレインが横を通過!
どうやら、FSメンバーの○○ケが追われているようだ。
皆( ゚Д゚)ポカーンである。どうやらマクロが暴発したようだ。
d0041240_19521120.jpg

あまりに突然だったので、姿入りでSS取れなかった。くやしー!!次からはボケをかますと言ってくれ。

この後、タルパレに行ったのだが、自分はタルパレに入った直後から記憶喪失である・・・思いっきり寝落ちしたようで、気が付いたらドザエモンだった。まわりに複数の仲間が沈んでいたので、かなりの激戦だったようだ。
タルパレの帰りにお約束の落とし穴へ、FSメンバーをご招待。次々と落ちていくのは爽快ですな。とりあえず、いっちょんに襲われる危険もないので安心である。

d0041240_2013693.jpg
地底湖にて

ピラニアに食われるドツ氏

死ぬ瞬間を撮影しようと構えていたのは内緒の話だ
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-26 20:05 | MoE
 
鹿(GM)とガルム回廊のグルメイクシオン
FSのさまさんより、レクスール高原にてGM鹿と遭遇との連絡がある。
私は出稼ぎ中だったので、少し遅れて現場に急行する。

聞いた情報によると
鹿は大事な物を盗まれたらしく、それを取り返したいから協力して欲しいとのこと。
犯人はガルム回廊に逃げ込んだようだ。

現場に到着すると、鹿と20程度の冒険者が集まっていた。鹿はあるものを盗まれたと言うが、肝心の名前は教えてくれない。どうやら犯人はイッチョンらしく、ガルム回廊の川の中の穴に隠れているらしい。
d0041240_716972.jpg

鹿いわく、奴は悪口に弱いので挑発すると、自分から出てくるらしい。
とりあえず、例の場所のある岩場へ向かう。
d0041240_718034.jpg

犯人の名前はグルメイクシオン。名前から推測するに、食べものが盗まれたようだ。
PC側の悪口に反応が返ってくる。そこで鹿が提案した、高度な話術による戦術を展開して、グルメイクシオンを川の底からおびき出す作戦だ。

超高等な話術によるおびき出し作戦の一部
d0041240_7224079.jpg

とんでもない化けモンが出現すると思いきや、普通の白イッチョンが出現。
当然、袋叩きにされ、1分も経たぬうちに屍と化した。
d0041240_7243046.jpg

盗まれていたある物は無事に取り返すことができた。そのあるものとは、怪しいカレーライスだった・・・鹿はさっそく、怪しいカレーライスを食した。200近いダメージを受けるも、ゲージは1/10程度しか減ってないし。なんでも、刺激的な味だったとか・・・
お礼がしたいということで、集まったPCに鹿せんべいを手渡した。食べた人は、どうやら鹿になってしまうようだ。
どこかで聞いた話だな・・・
d0041240_7293576.jpg

鹿には息子がいるらしく、病気で調子が悪いので薬を探しているらしい。
今度会う時、一緒に探す約束をして鹿は去っていった。

鹿化した私に怖いものはない。シカー!!と叫びながらビスク襲撃を試みる。
途中、さまさんが大量の尼に襲われていたので援護した。
これも鹿の勤めである。
d0041240_734640.jpg

残念ながら、ビスク西側までは辿り着けなかったよorz
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-25 07:37 | MoE
 
オークジャイアント討伐
毎度おなじみのオークジャイアント討伐です。
しかし、ここ2週間ほどオークジャイアントにお目にかかっていません。
自分は未だに、このクエストをこなしていないので、アイテム枠がかなり苦しい。
出現しなかった時は、ある曜日は出現しないとか、固有名オーク3匹をほぼ同時に倒さないといけないとか、オカルトっぽい情報も飛び交っていましたが、今日の沸きまくりを見る限りバグとしか思えないなぁ。
d0041240_0571613.jpg

他のPTもいたようだけど、無事に布を取ることが出来たのだろうか・・・

まあ、何はともあれ無事にクエストをこなしてアイテム枠を増やすことが出来ました。
d0041240_105321.jpg

次はイッチョンキングか・・・
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-23 01:03 | MoE
 
シップ装備を求めて
やっとこさ、盾スキルが30になりました。
2hand武器が長かったので、まったく成長していませんでした。

というわけで、憧れの金属の盾(シップ装備)を貰いにいこう。キックの達人編で一度こなしているので、悩むことは何もない。男気のこもった武器で、血祭りにあげればよい。今回は楽勝過ぎるなと思いながら、ガルム回廊へ出陣。相変わらず、変態4人衆はキャンプファイヤー中だ。
早く盾をよこせと、盾の達人スクードを後方よりフォークで突き刺す。

「・・・おかしい。手ごたえがない?」

間違いなく盾のクエストを受けているんだが、男気がこもった武器で殴っても、まったくダメージが与えられない。
しばらくしたら、別の冒険者が、スクードの後ろに座り込んだ。恐らく、同じクエストを受けているんだろう。バグかもしれないと思い始めていたので、後ろから殴ってくれと頼む。そしたら、爆炎にてダメージが入った!!フォークがいけないのだろうか?何はともあれ、この冒険者は無事に達人を倒して、クエストを完了した。

非常に疑問だったので、冒険者としばし雑談をして原因を考えるが、やはりわからない。もう一度沸いたので再び殴りかかるが、結果は同じだった。そしたら、冒険者が一緒に攻撃してくれた。まあ、考えても仕方ないから、とりあえず倒してもらい、盾をルートさせてもらった。いいのか、こんなので・・・?

腑に落ちないので、達人を片っ端から殴ってみる。しかし、どれにも攻撃が当たらない。4対1の乱戦状態となったが、突然達人たちが喧嘩を始めた。
仲が悪いのだろうか?
d0041240_0433214.jpg

まあ、当然ダメージは0なんだけど。

あと少しで、無駄なスキル削りが終わってしまうな。
そろそろ、最終的なスキル構成を考えないと・・・
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-22 00:49 | MoE
 
エイシスリベンジ!
以前FSメンでミーリム海岸のイッチョンの巣窟エイシス・ケイブに遠征をしたことがある。
その時私は、覚えたてのポールシフトを多用していたため、岩を飛び越えたつもりがそのまま崖下へ落下という恥ずかしい結果に終わったので、今回はリベンジと言うわけだ。
着こなしが上がってきて、プレートが着用できるようになったので(着こなしスキル76の8割から可能)そう簡単に死ぬわけにはいかない。

洞窟に入って早々に修羅場が待っていた。何処からともなく、イッチョンの群れがわらわらとあふれ出し、逃惑う状態だ。当然PTは壊滅状態である。
d0041240_315985.jpg

どうやら、あるPCが大量に引っ張ってきているようだ。始めのうちは何とか対応できたが、一人、二人死ぬにつれ負担が大きくなり、最後は超豪華イッチョン特急にて逃惑うMPKな私がいた。
その後、何とか体勢を立て直し、鎮圧に成功する。メンバーが少ないということもあり、タルタロッサ・パレスの見学を行うことにした。途中、強敵のアサシンが出現し苦戦したが、皆スキルが上がってきたのが、何とか撃退に成功する。

無事、タルタロッサ・パレスへの侵入を果たす。
d0041240_365799.jpg

中に入ると、鶏とペリカンを足したような生物が、暴れまわっていた。どうやら、こいつらはイッチョンを牛耳っているらしく、倒すとイッチョンと友達になれるようだ。中には、タイフーンなる奴もいて、風圧でこちらを吹き飛ばす。
d0041240_38509.jpg

入り口付近でしばし戦闘した後、PTが少ないこともあり、パレスを後にする。どうやら、この先は地獄が待っているようだ。皆が成長したら、ぜひ挑戦したいものだ。

パレスの出口にて、ある人物の卑劣な罠にかかり地下水路へ落とされた、私とさまさん。
d0041240_312183.jpg

地下水路を滑り落ちた後、地底湖へ落下、さらにそこから10m以上はある滝つぼに飛び込む、スタントをこなすこととなる。
d0041240_3185422.jpg

飛び込んだ先に、ピラニアがいたりして、気分はイン○ィ・ジョーンズだ。何とか丘へ上がって、一息つこうとすると、アサシンが待ち構えていた。PTはばらばらで、とりあえず逃げるしかない。私も逃げ足には自身があったが、逃亡中ルミナスファンガスに遭遇、複数のイッチョンに壁際に追い詰められた後、ルミナスフラッシュを喰らって灰と化した。お約束のPT全滅である。
このあと、皆裸でミーリムマラソンをして、タル氏の死体引き寄せに無事回収を行った。

ゾネ氏の予言
d0041240_3352725.jpg

[PR]
by p_amamiya | 2005-06-19 03:25 | MoE
 
悟りの石(着こなし)を求めて
今週は、寝落ちキングみたいだ。仕事が忙しくなってきたからなぁ。
ログインしたら、必ず寝落ち、もしくは寝落ち寸前で、かろうじてログアウトみたいな感じだ。
レクスール高原を居眠り走行していることが、何度かあった。下手したら、谷底へ落ちて即死なわけだが・・・

今週の活動内容
サベージ族遠征時に、着こなしがリミットの70になってしまった。体がはちきれそうだ。
というわけで、着こなしの悟りの石を探すことにした。
情報収集によると、尼ガードが出すらしい。
さっそく、尼巣へと向かう。入り口のガードは沸きが遅いので、奥のガードをおびき出そうとするが・・・

ターゲットロックされて、裸足で逃げ出す始末。
d0041240_2144670.jpg


尼巣は諦めて、マンモスからドロップを狙うことにする。
しかし、そうそう狙って出せる物でもない。
d0041240_2165895.jpg

3日ほどがんばって、かろうじて1個入手できた。
その後、フラ~っとビスク西の露店街を彷徨うと、200ゴールドで売っているのを発見。
即買いした。これで、念願のプレート装備に近づいた。


ビスク東で見かけた不思議な生命体。
d0041240_2201374.jpg

UOのドラゴンエッグにしか見えないのだが・・・
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-18 02:23 | MoE
 
イプス渓谷のサベージ族
久しぶりのPTでの遠征だ。行き先はイプス渓谷のサベージ族。
以前一人でイプス渓谷へ行き、そこで遭遇したサベージ・ルーキーにボコられた記憶がある。
奴は、サベージ族最弱だそうで、他にも、ランサー、ランサーロード、ドルイド、ナイトといろいろ存在するらしい。当然キングとやらもいる。多いなキング・・・

イプス渓谷北へ到着。こちらは10人なので、序盤は数で圧倒した。ランサーが出てくると、死人も出たようだが。なにぶん数が違いすぎる。
d0041240_2343314.jpg


少し退屈になったので、周辺にもっと強い奴がいないか探し行った。オレより強い奴に会いに行く・・・
山の谷間の奥を覗いた時、見慣れぬサベージが目に付いた。ドルイド・ランサーロードそしてキング・・・めっちゃこえー・・・私は恐怖に慄き、複数のタゲを取りつつ仲間の元へ走った。途中、何度も、キングの手前に強引に引き寄せられ、マジで死にそうだった。辛うじて生き延び、PTの元へ戻ると、PTは壊滅状態だった。複数のルーキー・スカウトとドルイド・ランサーロードが大暴れしていた。

死につつも下着を覗く兵(つわもの)もいた様だが・・・
d0041240_2384875.jpg

数の上でも圧倒的に不利だ。こうなったら、あれをやるしかない。チキン戦法だ!!
HPが1/3以上減ったら、即逃げして包帯巻きつつヒールを唱える。
残りのPTもひたすら逃げ回っていたようにも思えた。チキンワールド展開中。
このくそチキンがぁ!と罵られない様、適当にルーキーを倒しておく。

ランサーロードが死にかけのようなので戦いを挑むと、こちらのダメージは100以上だった。
さすがに、正面きっては戦えそうにないので止めだけ参加。
d0041240_246207.jpg

この後、なんとか回収出来たようだが、キングを倒す余力は残っていなかった。
楽しみは後に取っておけと言うことか。
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-13 02:54 | MoE
 
ミーリムの山賊イムサマズ・ファミリー
ミーリム海岸西、ダーイン山ふもとのキャンプには、夜間幽霊が出現する。皆この世に未練を残して死んでいった者たちのようだ。中でも、サマンサという幽霊は山賊に殺されたので、仇をとって欲しいとお願いしてくる。
ここは正義感あふれる、騎士の出番ではないか。

・・・報酬は何かな♪
d0041240_1452795.jpg

山賊の名は「イムサマズ・ファミリー」。ミーリム海岸の北、イプス渓谷の入り口を根城にしているそうだ。家族と言うから複数だと予想される。しかし、所詮はミーリムの山賊。私の敵ではない。
現地に到着したら、冒険者が複数の山賊?と戦闘中であった。先客のようだ。しばし、見学を決め込むことにした。しかし、見た目PC側が圧倒的に押されている。逃げ回っているようにしか見えない。数十秒後PCが死亡。山賊たちは、谷の奥へと引き上げていった。助けたいのは山々だったが、ヒール系はすべて、自分にかかるようにマクロ組んでるので、とっさには助けられなかった。この敵は、必ずとる!

イムサマズ・ファミリーは戦いを終え、宴を繰り広げていたので私も混ぜてもらった。
d0041240_1531356.jpg


おっと間違った・・・戦闘しに来たのだった。
席を外して、後ろから蹴りを入れる。そしたら、3人同時に襲ってきた。なんて卑怯な奴らだ。(正確には4人いるようだが、前の冒険者が一人倒していたようだ)
戦ってみると、こいつらデキる・・・イルヴァーナでブイブイ言わせている、この私が押されている。かろうじて一人倒したが、HP・STともに消費して、いったん距離をとる。奴らも全力で追いかけてくるので、回復しながら逃げまわった。なんとか体勢を立て直し、2人相手に再び戦いを挑む。さすがに、これだとこちらが有利だ。悪名高い「イムサマズ・ファミリー」は正義感あふれる騎士の前に敗れ去った。

お約束のポーズ
d0041240_203950.jpg


証拠のナイフを持ち帰り、サマンサに報告した。これで彼女も浮かばれることだろう。
d0041240_253658.jpg

お礼に、ブレイズ リザード イヤリングを貰った。
効果は、耐火属性+10、耐水属性-10

ビスク門番のJamesが売ってくれと騒いでいたが、お前にだけは死んでも売らん!
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-13 02:12 | MoE
 
イルヴァーナ渓谷の死闘
私の心には深い傷がある・・・
忘れもしない、2週間前のイルヴァーナ渓谷遠征時の地獄絵図だ。
ついに、過去の記憶を拭い去る時が来たのだ。

手始めに、目に付いたマンモスに喧嘩を仕掛ける。やはり、一撃40前後のダメージを受けるが、過去の私とは違うのだ。その程度の攻撃なら、やせ我慢すれば張り付くことも可能だ。

激闘の末、マンモスを撃破!!
d0041240_0512162.jpg


しかし、真の目的は奴だ!!
水中に逃げ込んだ私(チキン)を徹底的にいたぶり殺してくれた、レイクグリフォンの抹殺である。
ついに、トラウマの地の湖まで辿り着く。いるいる、レイクグリフォン。
奴の攻撃は、今となっては蚊に噛まれた程度の痛みでしかない(言いすぎだ・・・)
目に付いたレイクグリフォンを、片っ端から叩き落した。

お約束のポーズ
d0041240_0572077.jpg


気分をよくした帰り道、ドラゴンライダーみたいなのが喧嘩してた。
d0041240_0593212.jpg

私としては、当然漁夫の利を狙う。(゜Д゜)ウマー

こうして、第2次イルヴァーナ大戦は私の圧勝という形で終結した。



自分ってもしかして、かなり強いのかも・・・
もしかして、レクスールに巣くう奴にも勝てるのでは・・・

d0041240_13763.jpg

調子に乗って、ゴメンナサイ・・・
[PR]
by p_amamiya | 2005-06-12 01:09 | MoE


リンク



掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。


(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED. 株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています



T: Y: